MICROCERRAD-14-15-12

 
image01-150-205.jpg  

基本情報

農園名 FAZENDA SÃO DOMINGOS
生産者 GLACIONE JOSÉ FERNANDES
生産地 CAPARAO-ES(Espírito Santo)
標高 1,100M
品種 CATUAI VERMELHO
精製処理 PULPED NATURAL
ロット数 18 BAGS
 
 

<新規開拓産地CAPARAÓのマイクロロット!>

ゾナ・ダ・マッタ地域は、ブラジル最大のアラビカコーヒーの産地であるミナス・ジェライス州南東部、リオ・デ・ジャネイロ州とエスピリット・サント州に隣接するエリアで、「ゾナ・ダ・マッタ(=森林地帯)」の名前が示す通り、ジャングルのような熱帯雨林が茂り、大西洋岸に沿って南北に走るいくつもの山脈に囲まれた地形から、湿潤で冷涼な気候が特徴です。(セラード珈琲の代表的なコーヒーであるCarameladoもこの地域で栽培されています)

 

 

image02-215-335.JPG  

その中でも標高2,892mを誇るPico da Bandeira(バンデイラ山)を擁する山脈のふもとに位置するカパラオ地域は、険しい斜面でのコーヒー栽培のため大規模な生産は難しい一方、小規模な家族経営の農家が多く、手間暇かけた高品質のコーヒーが生み出されるポテンシャルの高い地域として注目されています。

サン・ドミンゴス農園の農園主グラシオーニ・ジョゼ・フェルナンデスは、カパラオに生まれ、祖父母の代から続く農園を守り継いでいます。朝早く起き、全員で朝食を取り、仕事に向かうという、シンプルな生活を美徳とする家族のメンバーだけで、大事にコーヒー栽培に取り組んでいます。

 
 

味覚特長

パルプド・ナチュラル精製されたコーヒーは、中米のコーヒーを思わせる雑味のないクリーンな酸味、クッキーやアーモンドのような優しい甘みと、干しぶどうのような凝縮感のあるフレーバーが心地よいマイクロロットです。
  image03-215-165.JPG
 
 
small01-215-215.JPG   small02-215-215.JPG   small03-215-215.JPG
※クリックすると拡大写真がご覧いただけます
 
 

pagetop