Almir Degenário Leal

 
image01-150-205.JPG  

基本情報

農園名

レカント・ダス・ミナス(Recanto das Minas)同農園をA/Bの区画で分けている。

生産者 アゥミール・デジェナーリオ・レアゥ(Almir Degenário Leal)
生産地

エスピリット・サント州 ドーレス・ド・リオ・プレット市 フォルキーリア・ド・リオ集落      カパラオ地域  

標高 1,100〜1,204m
農園面積

総面積:4ヘクタール コーヒー栽培:4ヘクタール

精製方法

Pulped Natural

ロット数

5Bags/60kg (20kg×15袋)

品種

Catuai Vermelho カツアイ ベルメーリョ(当ロット)

栽培品種  カツアイ・アマレーロ、カツアイ・ヴェルメーリョ
 

20kgメタル袋

 

 

 

1961年10月28日、リオデジャネイロ州サンタ・クラーラ生れ。

現在、エスピリットサント州ドーレス・ド・リオプレット市フォルキーリャ・ド・リオに在住。

祖父母がブラジルへ移住してきた、イタリア系移民の子孫である。

彼の祖先は畜産を代々行っていたが、コーヒー栽培は、アゥミール氏が1979年頃より始めた。

今までコーヒー収穫にあたっての苦労は、収穫期の雨、設備の不足、そして知識の不足であった。

彼は、パルパーや乾燥機など機械設備を持たず、コンクリート張りの乾燥場と、最近建てたハウスのみを所有している。

 

 

 

 

image02-215-335.JPG  

クオリティ・コーヒー生産に対する彼の思いとしては、まず良い品質のものを生産するという満足感。そして収益率の良さである。土壌分析を行って地力を高め、熟成豆・過度に乾燥した豆・青豆を分ける機械を共同で使用している。

収穫後の作業を容易にするためハウスを建て、自然風でじっくりと乾燥させる。

彼のコーヒー栽培に対するポリシーは、「コーヒー栽培は家族のため。乾燥はハウスで。害虫は繁殖させない。」である。

環境規定は厳しいものがあるが、同生産者は全てを遵守している。

コーヒー以外の仕事は持たず、コーヒー栽培のみで生計を立て、家族を養っている。また家族も皆がコーヒー栽培を手伝う。

彼は幼いときに辛い思いをした。両親が離婚し、リオデジャネイロ州サンタ・クラーラの叔父のもとで育てられた。子供の頃はずっと畜産の仕事を手伝っていたが、遠縁の親戚より声がかかり、生活の向上を求めて今住んでいる地域に移った。そしてここで結婚し、腰を落ち着けた。

今彼は、子供の頃に夢見たものは実現できたと感じている。なぜなら彼の夢は自分自身の土地で働くことであったから。

また勤勉な働きと努力で、同じ地域に、さらなるコーヒーの品質の向上を目指し、もう一つの土地を得たことにも達成感を感じている。

 

 

 

 

味覚特長

 

 

 

 

  image03-215-165.JPG

 

農場A

農場名:レカント・ダス・ミナス(Recanto das Minas)

所在地:エスピリットサント州ドーレスリオプレット市カパラオ地域フォルキーリャ・ド・リオ

    (Forquilha do Rio, região do Caparaó, Dores do Rio Preto -ES)   

標高:1100m

面積:2ヘクタール

品種:カツアイ・アマレーロ、カツアイ・ベルメーリョ

 

 

  

農場B

農場名:レカント・ダス・ミナス(Recanto das Minas)

所在地:エスピリットサント州ドーレスリオプレット市カパラオ地域フォルキーリャ・ド・リオ

    (Forquilha do Rio, região do Caparaó, Dores do Rio Preto -ES) 

標高:1204m

面積:2ヘクタール

品種:カツアイ・アマレーロ、カツアイ・ベルメーリョ

  
small01-215-215.JPG   small02-215-215.JPG   small03-215-215.JPG
※クリックすると拡大写真がご覧いただけます
 
 

pagetop