BOURBON SUNDRY CLASSICO 山口農園

 
Brazil-yamaguchi-1-1.JPG  

基本情報

農園名 :山口農園(Serra Negra内、山口農園区画)
生産者 :山口カルロス彰男(中尾家共同)
生産地 :ミナスジェライス州パトロシーニョ市
栽培品種 :ブルボン・ムンドノーボ・カツアイ・他
標高 :1,050m
平均気温 :23℃
開花時期 :9月/10月
収穫時期 :6月下旬〜9月下旬
精製処理 :Sundry(天日乾燥)非水洗式
スクリーン :16−18 kokki-Brazil.JPG
 

【2012年7月中尾さん所有のSerra Negra農園と正式に提携契約を結びました】

「収穫された商品をコスト+@で全て買い上げる事を条件に農園の一区画を山口農園とし、自分の好きなものを植え、好きなように使用する事となり、中尾さんと契約書を交わすことが出来ました。」 「一年の半分近くをブラジルで過ごす私は、この山口農園で日本での御客様との会話から生まれるニーズに合った商品作りを研究していきたいとかんがえております。」 山口談

 

『商品情報』クリックでPDFファイルが開きます。ダウンロード又はプリントアウト用(A4サイズ)

 

商品情報type#1.

 

※生産者「山口」の詳細は⇒コチラ
 
 
 

商品詳細

Brazil-yamaguchi-2.JPG  
           【最良のパートナーを得て再び農園を始める】

以前経営していたムンドノーボ農場を手放してから、私はアメリカの市場視察やグァテマラの農園視察、ブラジル全国の有名産地をまわる機会に恵まれました。 そのうちにまた自らの農園を持ち、自らの要望を叶えた形の農園を作りたい気持ちが強くなりました。ここ数年グループ生産者を中心として、日本に居ながらに私のコンセプトを理解し実行してくれる仲間を探していました。 何人かの生産者から  『興味をもったので、やってみたい』と良いオファーをもらう事が出来ました。 ブラジルに帰る度にその何人かの生産者とミーティングをしてみて実際に農園に何度も足を運んで視察を繰り返しました。 農園の立地、生産者の私に対する理解度、生産者自身の情熱。を満たした生産者が今回紹介するナカオさんだと結論づけました。そしてムンドノーボ農場時代どうしても植えたかったブルボン種が植わっている事が決め手となりました。ブルボンは植えてまだ5年程でようやく昨年から充分に収穫量も確保できるようになったので、今年は山口農園産ブルボンを日本に紹介したいと思います。

 
 
 

味覚特長

【100%ピュア ブルボン種と伝統製法へのこだわり】

私はブラジルの伝統的なNatural製法にこだわり、純度100%の混ぜられる事のないSUNDRYブルボンを作るのが夢でした。 現在ブルボンとして販売されるほとんどがブレンドであり純粋にブルボン100%と呼べるものは少量しかありませんでした。 またWashedやPulped Naturalが注目されるなかで、私はブラジル本来の製法を後世にしっかりと残していきたい気持ちが強くあります。そう私の考えは従来の品種(ティピカやブルボン)保全と伝統の精製方法の保全が目的なのです。 13年3月には最良のパートナー・ナカオさんと作り上げたブルボン天日乾燥が日本に初入荷します。

  Brazil-yamaguchi-3.JPG
 
 
Brazil-yamaguchi-4.JPG   Brazil-yamaguchi-5.JPG   Brazil-yamaguchi-6.JPG
※クリックすると拡大写真がご覧いただけます
 
 

pagetop