カッピングセミナー

 

カッピングセミナー(SCAA方式)

カッピング 1990年代は少ない情報の中で生豆の販売チャンネルもごく限られていたことで、生豆選びが容易にできた時代とも言えます。
2000年代に入り、スペシャルティブームや認証コーヒーブームにより、トレーサビリティーが明確で、地域間のキャラクターの違いが判るようになり、各商社・問屋における取扱商品が急拡大しました。
しかしながら、「なぜ?この商品は高価なのか。」「どのように使い分けたらよいのか。」分からないまま、新商品だけがものすごいスピードで進化しており、新商品を開発する側の商社や問屋も容易ではない状態です。
このような状況の中でカッピングを学ぶ事の大切さは、味の違いを明確にするだけでなく、今後入荷される生豆や、焙煎の良し悪しを検証する良い物差しとなる事は間違いございません。
是非、弊社のカッピングセミナーにご参加頂き、お役立て下さい。

 

 

必要なもの

会費:その都度内容によて金額が異なりますので確認下さい。(初回のカッピングセミナーは5,000円です。)

エプロン:貸し出し用もございます。

カッピングスプーン:貸し出し用もございます。

筆記具:貸し出し用もございます。

※基本的に受講料以外は必要ありませんが慣れた物を使用したい方は持参下さい。

※昼食代は各自ご負担いただきます。

 

 

カッピングセミナーを受講した方の希望により継続的に各種セミナーを開催することとなりました。 各種セミナーは、カッピングセミナー受講者を対象としており、受講後、希望された方のみ情報が配信されます。
セミナーの内容は確定しているものは無く、参加者の希望などを含め決定し、数ヶ月前に募集いたします。
開催される可能性としてセミナーの内容例は下記のようなものがあります。
 

セミナー例

①生産地の方を招いての産地事情。
②ブレンドセミナー
③焙煎セミナー(焙煎機メーカー)
④生産地視察
⑤ニュークロップのテイスティング会
⑥希少性の高いコーヒーのテイスティング
⑦懇親会での情報交換
P1010785.JPG cupping2.JPG                              

pagetop